まさゆめ~広島~ロードバイク日記

ロードバイクをメインにした日記です🚴

ロードバイクでやりたいこと④

ここ最近、ロードバイクでやりたいことをあれこれ考えているのですが、今回の『やりたいこと』が現実的という面で、今1番やりたいことかもしれません。

 

インパクトはあまり無いのですが、自分としてすごくワクワクするし、組み合わせしだいではインパクトもいけそうです!

 

ロードバイクでやりたいこと④

 

『星空サイクリング』

 

とっても分かりやすいですね!

星空を見ながらのサイクリングです。

 

広島市は夜空を見上げてもあまりたくさんの星が見えません。

 

少し郊外に出れば、キレイに星が見えます。

さらに山奥へ行けばもっとキレイな星空が見えると思います。

 

今年の8月に走った九州での『400㎞ブルベ

』で、佐賀から福岡へむけての県境の山中を走っているときの星空がとてもキレイだったのを覚えています。

 

そのときは時間の関係で星空をゆっくり見ることはできませんでしたが、いつか星空をゆっくり堪能したいと感じました。

 

なので、今回やってみたいことは『星空サイクリング』です。

 

 

★どこで星空を見るか❗

 

最初に書いたように、広島市内から少し離れたら星空を見ることができるので、近場でも『星空サイクリング』は可能です。

 

そもそも『星空』を見るだけならクルマで人里離れた山中に行けば、満点の星空が見れるので「それでいいのでは」と思われる人が多いのではないでしょうか?

 

しかし、自転車に乗って自力で行くことに意義があり、その過程が困難なほど

『心震える何か』

が待っていると信じています。

 

という事で今回のやりたいことでの星空とは

 

美星町(びせいちょう)の星空』

 

です!

 


f:id:masayumex:20181019143822j:image

 

岡山県井原市にある『美星町』は、

 

『日本三選星名所』

 

に選ばれていて、『星空観察の聖地』とも言われているみたいです。

 

この町は「美しい星空を守る条例」が制定され、屋外照明は22時以降に消灯して、家の明かりが外に漏れないようにカーテンを閉めるなど、町ぐるみで美しい星空が眺められるような取り組みが行われているそうです。

 


f:id:masayumex:20181019144347j:image

 

ここで見る『星空』は絶対にキレイなはずです。

 

尚且つ、自転車で行くことで『達成感』『キレイな星空』の相乗効果で、ただ星空を見にいくのとは違う『何か』を感じれるのではと信じています。

 

 

いま頭の中でイメージしてるのですが、

 

『自転車に乗り、広島から時間をかけて夜中に美星町に到着』

『ようやく目的地に着き一息つく』

『そこで夜空を見上げたとき目の前に広がる・・・』

 

と考えるだけでワクワクしませんか?

 

これを実行に移して、成し遂げたときの達成感!

いまブログを書いていて、かなり楽しみになってきてます。

これ絶対にやります!

 

 

★いつやるか❗

 

星空ということで夜中に目的地に到着しないといけないので、その辺りが重要になります。

 

これからの季節は間違いなく寒いです。

 

美星町の標高は『約400メートル』あるので、かなり寒そうな気がします。

 

年内は厳しいかなと思うのですが、せっかくなので出来る限り早めに計画してみたいです!

 

ダメなら来春ですね。

 

 

ちなみに広島から『美星町』までのルートはこんな感じです。


f:id:masayumex:20181019151447j:image

f:id:masayumex:20181019151500j:image

 

メインルートを走って『約140㎞』です。

アップダウンもそこそこあります。

 

夜中の到着を想定したら、当然帰ってこないといけないので、月曜&火曜の連休で走るしかないですね。

 

日曜日に仕事が終わってからダッシュで行けば明け方までには着きそうなきがしますが、何か楽しみが少なく感じます。

 

『目的地までの道のりが困難なほど達成感は大きい』ですから、どうせなら『美しい星空』をより素晴らしいものにしたいです。

 

なので、もう少し真剣に考えてみます。

 

 

★最後に❗

 

単発でもいいけど、どうせなら合わせ技で実行に移しそうな気がしますが、寒い中でのロングライドは辛いですからね。

 

しかも夜を越すとなると想像がつかないので、いろいろ対策も必要そうです。

 

でも星空は冬がキレイと言いますので、心の中で葛藤してます。

 

良い報告ができるように、計画も実行も最善を尽くします。

 

あらためて、自転車って楽しむ枠が相当広いと感じました。

 

それではこのあたりで失礼します。