まさゆめ~広島~ロードバイク日記

ロードバイクをメインにした日記です🚴

名古屋⇒広島キャノンボール【スタートまで編】

★名古屋⇒広島キャノンボール【スタートまで】❗

前回のブログで載せていました、『名古屋⇒広島キャノンボールに挑戦してきました。
『6/10(月)』『6/11(火)』の2日間の中の『24時間』で、『名古屋』から『約530㎞』を自転車で走って『広島』まで帰ってくるというチャレンジです。


前回の『鹿児島⇒広島キャノンボールを完走はしましたが、『24時間以内』にゴールできなかったので、今回はそのリベンジも兼ねてるので、達成したい気持ちはより大きいです。


はたして、結果はどうなったのでしょう?


★前日~当日朝~スタートまで❗

『広島』から『名古屋』までは新幹線での輪行
前回同様の手順なので輪行に関してはかなり順調に名古屋に到着です。
広島駅に到着したのが1時間も早かったので、新幹線も1時間早い便に変更でき、幸先のいいスタートを切ります。


f:id:masayumex:20190619174912j:image


そして名古屋駅近くのホテルにチェックインした後、ホテルから歩いていける居酒屋さんを見つけて、夕食を取ります。


f:id:masayumex:20190619175007j:image


f:id:masayumex:20190619175036j:image


前日と言うことで、ビールを飲みながら名古屋名物の手羽先や串カツ』を食べてお腹を満たします。
 
ホテルの部屋に戻ってから、朝起きてバタバタしないようにウェア関係を準備してから、シャワーを浴びて寝る準備をします。


f:id:masayumex:20190619175147j:image


翌日のスタート時間は天候次第だが、『AM9時』がベストなので、『AM7時』に起きる計画で、結局寝たのは『深夜の1時』
今までの感じだと、『6時間』寝れたら充分だと思ってます。
 
そして翌朝、予定通りの『AM7時』に起床。
ホテルの部屋から窓の外を覗くと、雨が降っている。それもかなりの本降り。
雨は覚悟していたが、ここまで本格的に降っているのは予想外。
 
考えても仕方がなく、雨が弱くなるのを期待しながらホテルで朝食をとります。
ホテルの朝食はバイキングなので、これから『500㎞以上』走る事を考えて、かなりの量を食べます。
雨も上がる気配がないので、スタート時刻は遅れることを前提にのんびり朝食を食べ、牛乳にジュースに食後のコーヒーと飲み物を堪能します。


f:id:masayumex:20190619175242j:image


名古屋の天気予報がこんな感じなので、結局ホテルを出たのは『AM9:20』
雨は止む気配がないが、いつ止んでも良いようにスタートの準備をします。


f:id:masayumex:20190619175308j:image


ホテルの前で、バイクを組み立てます。
天気がさえないと、気分もさえません。


f:id:masayumex:20190619175341j:image

 

お土産と着替えや輪行バッグ、その他不要なものは、広島へ送ります。
雨がけっこう降っているが、ここまで来て新幹線で帰る選択は無いので後を絶つためにも、自転車と身一つの状況にします。


f:id:masayumex:20190619175401j:image


何故か発送の段ボールはZOZOTOWNだが気にしないことに。
 
コンビニから荷物を発送してから、スタート地点と決めてきた名古屋城まで、雨の中を約3㎞濡れながら走ります。
 
『AM10時』名古屋城に到着。


f:id:masayumex:20190619175450j:image


まだ雨が強いので、近くのコンビニに退避して、すっかり忘れていた補給類を調達して、スタートの最終準備。


f:id:masayumex:20190619175510j:image


f:id:masayumex:20190619175532j:image


時刻は『10:20』。これ以上待っても雨は止みそうにないし、スタートの時刻が遅くなればなるほど、今回のルート的に『六甲山』が控えているので辛くなるのが目に見えています。
 
と言うことで、『AM10:30』にスタートすることを決めます。


f:id:masayumex:20190619175612j:image

ツイッタ―でも『10:30スタート』を宣言して、いよいよスタートです。
 
天候が雨と言うことで、不安も大きいが、やはりチャレンジ前はワクワクします。
 
今回はどんなチャレンジになるのか?
どんな結末が待っているのか?
 
走ってみないと分からないし、その時の状況に遭遇してみないと分からない。
 
だからこその挑戦であり、その答えを知るために走るのである。
 
 
★最後に
 
今回はスタート前までなので、次回は【走行編】になります。
 
この手のチャレンジも回数を重ねてきて慣れてきた感がありますが、僕にとってはいつも特別です。
今回も第一の目標は『24時間以内での完走』です。
 
良い意味で慣れることなく、全力でチャレンジしてきます。
 
次回へ続くということで!
 
「それでは行ってきます」